グローバルフェスタJAPAN 2008参加報告

 

                                                

毎年恒例の国内最大の国際協力イベント、グローバルフェスタJAPANが今年も104日、5日の2日間にわたって東京の日比谷公園で開催されました。2日とも秋を感じるよい気候に恵まれ、多くのお客様で賑わう楽しいイベントとなりました。

 私たちの会もこのグローバルフェスタには今年で5回目の参加となり、これまでの経験を活かしてより魅力的、積極的に会の広報活動をすることができたと思います。

  今年は、ルセイサン小学校の体育設備の設置や101日には幼稚園の開園式もありましたので、私たちのブースに来て下さったお客様には出来たての写真と合わせて会の最新情報を説明することができました。特に幼稚園の開園式の写真は101日に撮ったばかりでしたので、どのお客さんもこんなに早く写真ができるとは!と驚いていらっしゃったのが印象的でした。

  また、今回は募金くださった皆様にお礼として300グラム入りの温泉の素を無料で差し上げました。ブースの机の上に乗せた沢山の温泉の素のパックが前を通り過ぎる人々の目を引いていて、私たちの会の広報に大いに貢献してくれました。

温泉の素をご提供下さった株式会社生活総合サービス様に御礼申し上げます。

  私たちのブースを訪問してくださった皆様、本当にありがとうございました。

 今年のグローバルフェスタでは事前にボランティアを募った結果、当日お二人のボランティアの方にご参加いただき、会の広報活動を盛り上げてくださいました。また、当日飛び入りでビビンの会の韓国人参加メンバーにも手伝っていただいて、改めて日韓アジア基金の活動の中で、歴史の壁を乗り越えるという設立の理念を実現しているのだなと思い、とても嬉しく感じています。                                

   

 これからもイベントごとにボランティアを募っていきたいと思いますので、カンボジアの教育支援に興味のある人、韓国に興味のある人、ボランティアに興味のある人・・・、どなたでも気軽に私たちのイベントに参加してみてくださいね!      (菊池)