日本支部スタッフ紹介

日韓アジア基金スタッフの参加したきっかけを紹介します


荒川雄彦(あらかわかつひこ)
 禹さんのことが朝日新聞に載り、その考え方に共感して参加しました。国の枠を超えて日本や韓国、アジアの草の根の民間人が協力して、同じアジアの人々を
支援していくというアイデアは、すばらしいものだと思います。


井内和夫(いうちかずお)
 趣味が旅行だった事や仕事の関係から国内外に数多く行く事が出来ました。旅は文化や習慣の違いに遭遇し大きな刺激を受け自分の成長の糧にもなりました。特に韓国とはとても親近感を感じています。奇跡の復興を遂げた日韓両国民は、力を合わせてコスモポリタンとして活動すべきです。意味ある存在になり、価値ある人生をお互いに送りたいと考えている魚座生まれのシニアスタッフです。

禹守根
(ウ スグン)
 日韓アジア基金を、I Love Asia Fundに発展させること。アジア各地に教育のチャンス与えていくこと。アジアに対して客観的な見地にたち、誇りに思うアジア人を育てていくことをやりたくて参加しました。

江本哲也
(えもとてつや)
 現役時代に鹿島建設の土木技術者としてインドネシアに2回にわたって7年間、水力発電所建設に従事しました。この間に仕事が終わったらアジアの貧しい子供たちのために何かしたいと考え、この基金に参加しました。現在進行中のカンボジアの未来学校を日韓が協力してなんとしてでも成功させたいと念願しています。

王嶺(オウ レイ)
 王嶺といいます。2000年の10月に、中国の瀋陽から日本にまいりました。今は、東京大学法学部私法学科の四年生です。アジア文化会館(略称ABK)に住んでいる間に、当基金の創始者韓国籍留学生であるウスグン兄と知り合いました。その後、ウ兄から基金のことを聞き興味を感じ、2002年の4月から活動に参加させてもらっています。

大澤龍(おおさわりゅう)
 禹さんの投稿で活動を知り、「日韓が協力して」に大いに賛同した。歴史上、朝鮮半島の国家群と日本との間の貸し借りでいうと、日本は借りばかりで貸しは一つも無く、以前からこれが気になっていたので。

菊池礼乃
(きくちあやの)
 国際支援に関心があり、ただ考えるだけでなく、実践する場を探していたところ、日韓アジア基金と出会いました。そして、アジア諸国との協働の中で歴史の壁を乗り越えたい!という思いに賛同しました。

高橋政行
(たかはしまさゆき)
 設立当初から老若男女はもちろんのこと。国籍を問わず多くの仲間と活動を続けています。そして、今思うことは「成長しているのはカンボジアの子供たちだけではなく、私自身である」ということ。今後も出来ることから一つひとつ取り組んでいきたいと思います。

千葉眞衣子
(ちばまいこ)
 各国を旅行し、モノをもらって生きるしかない子供たちに出会う度、“教育”の必要性を感じて何かしたいと思っていました。ちょうどこの団体を知った頃、韓国人の彼と歴史問題で「壁」を感じていて、日韓で協力し合う姿勢に惹かれました。

中村節子
(なかむらせつこ)
 仕事をしているころから生活の1〜2%はボランテイアをしていました。
退職後、本格的にアジアかアフリカの国に何かの支援が、わずかでも出来ればと思い準備をしていた折、禹さんと出会った。いろいろ話を聞いて、自分の考えと一致するものがあり、21世紀に生きる子供や若い人たちを少しでも支援出来ればと思い参加しました。

難波弓
(なんばゆみ)
 カナダの語学学校で韓国人の友達が出来たことをきっかけに、韓国に興味を持つようになりました。そんな時に禹さんの活動を知り、基金の「日韓で協力して」という姿勢に共感し、ぜひ参加してみたいと思ったからです。

波多野淑子(はたのよしこ)
 高校で歴史の授業をしながら、日・韓・朝の人々が、どうしたら心を通いあわせられるかと考えてきました。未来学校のために協力することを通じて、分かり合えると思います。基金では、韓国との連絡とニュースレター編集をしています。

松田啓志(まつだひろし)
 大学に入学したらボランティアに参加しようと考え、インターネットで調べ、決めたのがこの団体です。国際関係、特に韓国を含めアジアに興味があります。日本とは歴史問題も絡みますが、その壁を越えられる力がアジアにはきっとあると思います。

李天舒(リ テンショ)
 先輩の紹介で日韓アジア基金の「アジアの友達を作ろう」という懇親会に参加して、初めてスタッフ達の理想と親切さに関心しました。そして、中国人留学生として、
1.日韓関係の安定化は中国を含む東アジア地域にとって非常に大切だ。
2.日韓両国は一緒に何かをやっている間、歴史の壁を越えられるなら、日中関係もいい方法なる。
3.カンボジアに対して、中国も国際的義務を持っている。
という三つの理由で日韓アジア基金に参加しようと思いました。

蔦木伸一郎(つたきしんいちろう)
 生徒会長を務めていた高校の学園祭でチャリティーバザーを開催し、その収益金を寄付したことがきっかけです。また、以前から国際協力や日韓の歴史の問題には関心があり、特に日韓が協力するという点に惹かれました。現在は歴史の勉強をしています 

孫始暎(ソン シヨン)
今年の3月に日本語の勉強のため来日しました。昔、東京に住んだこともあって、韓国にいた時から日本のさまざまな分野に関して興味を持っていました。特に、日本と韓国の若者達が将来両国の友好増進のため、一緒に何か意味があることをやることに対していろいろ考えていました。この際、千葉さんからこの団体を紹介させてもらい、とても嬉しく思っております。これからボランティアに参加しながらいろいろ勉強させていただきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願い致します 

朴昌鎬(パク チャンホ)
 会社の研修のため、今年3月、日本に来ました。日本の研究を通じて日本を知りたいと思っていた所、千葉さんから基金の話を聞いて参加するようになりました。歴史上、この頃のように韓日関係がよかったことはなかったと思います。歴史の壁を超えなくなり、一緒に行かないと不幸な歴史を振りかれるしかないと思います。 

小澤真理子(おざわまりこ)
 カンボジア旅行を終えたときに、子供たちを支援したいと強く思っていました。しかし自分一人では何もできないし、周りの友達も興味がなく悩んでいました・・・。がしかし!日韓アジア基金のチラシを見て これだっ!と思いスタッフの方にメールをしました。これが私のきっかけです。

野村 舞(のむらまい)
大学の講義がきっかけで国際ボランティアに興味を持ち、自分にも協力できることがあるのではないかと調べた結果この活動を知り、参加させていただきました。主にHP作成のお手伝いをしています。 

渡部友理恵(わたなべゆりえ)
 韓国に興味を持つようになり、歴史的な壁を乗り越えて日本人と韓国人が協力して私たちが住むアジアを支援して行こうという考えに賛同して日韓アジア基金に参加しました。活動に加わってから、カンボジアという国が私の中ですごく身近な国になったことを感じています。

三藤 雅道(みとうまさみち)
 大学院時代、ウさんと友人であったため、日韓アジア基金設立前からカンボジアの子供達の話を聞いていました。基金立ち上げ後には一緒にカンボジアに同行させていただきました。そういった経緯から何らかの形でお手伝いできればと考え参加させていただいております。

潮田 耕一(うしおだこういち)
 私たちはみな世界平和を促進したければ教育こそが最重要であると知ってはいます。しかし教育の価値をただ理論上理解しているだけでは何の役にも立ちません。
今私たちがする必要のあることはそれを実行に移すことであり、そういう理由で私は
この組織に加わっています。

大西 直美(おおにしなおみ)  
 10年前にカンボジアに行った時に、カンボジアの子供たちの笑顔にとても感銘を受けました。貧しくとも、懸命に、まっすぐに生きている、その子供たちのために何かをしたいという気持ちがずっと心の中にありました。
ご縁があって、日韓アジア基金で活動させていただく機会に恵まれ、今思うことは、「支援する我々もたくさんの喜びをもらっている」ということ。
これからもカンボジアの子供たちの笑顔のために頑張りたいと思います。

浅野麻理(あさのまり)
 I love Asia Fund! アジア大好きの私は、魅せられずにはいられません。まだまだ未熟者ですが、スタッフの皆さんからたくさんのことを学ばせていただき、成長の毎日です。日韓アジア基金が、アジアの人々を結ぶ推進力になるようこれからも元気に活動していきたいです。

市井秀治(いちいひではる)
 数年前にロータリー奨学生としてビジネススクールに留学し、NPO経営やマイクロファイナンスについて勉強したのをきっかけに、途上国支援に強い関心を持ちました。将来は、国際支援を目的とした起業をしたいと思っています。日韓アジア基金での活動やそこでの出会いを通じて、自分自身も成長していけたらと思います。
 

矢崎芽生(やざきめい)
公認会計士及び税理士の資格を持っており、その知識を活かして、当会及びNPO・NGO業界全体の発展に貢献できればと思っています。
 







戻る